日本の臨床検査を支える保健科学研究所

img910794c957e931462c894fe6507ad706c0e403bae38a.jpeg

保健科学研究所は臨床検査業界の第一線で活躍している企業です。臨床検査は医療の一端を担う重要なものであり、今後もその役割が大きくなっていくことが予想されています。保健科学研究所では正確性とスピードを兼ね備えた検査を心がけており、その検査の技術はさまざまな分野で高い評価を獲得しています。また、保健科学研究所の事業フィールドは多岐にわたっており、臨床検査や治験事業、予防医学、物流、農業、介護など人々の暮らしに大きく関係していることが特徴です。

特に創業から続けている臨床検査では、生化学検査や血液調査などを行っています。これまでに学校での健康診断や病院の定期検診などで、採血や検尿をしたことがある人がほとんどでしょう。これらを分析するのが臨床検査なのです。採血や検尿を行える検査期間は衛生検査所と呼ばれているのですが、保健科学研究所は昭和30年設立してから、日本で初めて検査機器の自動化を取り入れるなど日本の医療を支えています。

臨床検査において大切なことに品質があります。検体を正しく調査するためには、適切に管理することが必要です。検査結果が間違ってしまうとその後の治療などにも影響する可能性があるため、保健科学研究所では検体の受領から報告まで国際規格に則った品質保証を実現しています。具体的には品質を適正に保つために精度管理システム、教育・訓練システム、内部監査と外部監査の3つの方針を掲げています。

精度管理システムでは正確かつ精密に検査結果を常に行うために内部精度管理システムの構築を目指しています。また、外部の管理調査へ積極的に参加することで検査精度の維持に努めています。保健科学研究所では、品質の向上にはスタッフへの教育と訓練が大切と考えています。そのため、この研究所では採用時には基礎教育を行い、その後も研修などを通して教育を継続しています。また、新入社員に対しては上記の基礎教育に加えて研修期間を設けることで社員として十分に活躍できるためのサポートを行っています。また、定期的に内部監査を行うことで品質のチェックを行うとともに、第三者機関の外部監査も取り入れることで客観的に自社の管理体制を厳しく評価しています。

このように保健科学研究所では品質維持のために、さまざまな取り組みを行っています。これらの取り組みを行ってきたからこそ臨床検査業界で長年活躍し続けてきたといえるでしょう。これからも臨床検査を通して日本の医療に貢献していくことが期待されます。

保健科学研究所
http://www.hkk.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 庭野仁司は、出身地が北海道札幌市で、現在は埼玉に住んでいる30歳の独身男性です。血液型はAB型で、都…
  2. 久野修司は、高校の英語教師として仕事をした一方で、その英語教育に疑問を感じ、退職した人物です。その背…
  3. 地域活性化のために、イベントなども行っている村上悦栄は、近年、活躍の場も広がりを見せている人物です。…
ページ上部へ戻る