久野修司の英語教育への情熱。本当に必要な英語教育とは?

久野修司は、高校の英語教師として仕事をした一方で、その英語教育に疑問を感じ、退職した人物です。その背景には日本の英語教育の問題点があり、彼はそれを解消するために必要な本当の英語教育とは何かと考えて、退職するに至ったのです。実際、日本の英語力に関しては、先進国の中でもかなり低いと言って良いでしょう。もちろん、読み書きのレベルだけであれば世界でも優秀な方だと言えます。しかし、何より日本人が苦手としているのは、発音や会話についてです。本来は話すためのツールとして英語を習得するのですが、単なる憧れとなってしまって結果的に読み書きだけは一通りできるけれど、会話はできないという本末転倒なことになってしまっているのです。そこで、久野修司はまだまだ日本の英語力は改善できると考えています。
まず、日本人の英語力で一番低いと言えるのが会話力です。知っている単語も多いですし、文法もしっかりと叩きこまれている日本人も多いのですが、実は会話をしようとすると突然黙り込んでしまう日本人も多いです。彼はそこにこそ問題があると言っています。日本人は完璧な文法などを教えられてきたため、全て完璧に応えないといけないと思っています。「これはペンです」と言いたい時「This is a pen」と言う方が大半ですが、正直なところ「pen」というだけで、それが何かというのは通じます。きっちりしすぎた英語教育によって、文法を完璧にしないと発言してはいけないという固定概念に捕らわれてしまっている人が多いのです。まずはその思考から脱却することで、日本人の英語力はさらに飛躍的にアップすると、久野修司は考えています。

実際、日本人同士で話す時、言葉を省略したり、縮めたりして会話している方が大半なのではないでしょうか。英語も一つの言葉であり、会話をするための道具にしか過ぎないので、言葉を省略したり単語だけにしたりしても良いです。あまりにもきっちりとした英語教育は、日本の真面目さが生んだある意味良くない教育とも言えます。もちろん根本的な理解が深まるので、日本の英語教育が悪いとは、久野修司は考えていません。しかし、その一方で知っておかないといけないのは、会話するという大切さです。日本にいると海外からくる人との交流はあっても、日常的に英語に触れるということはほとんどないです。その英語に触れる時間の短さも、教育の問題となっているのではないでしょうか。頭が良い人が多い日本人だけに、逆に凝り固まった考え方によって英語習得が難しくなっているというのは、本末転倒以外の何物でもないと彼は言います。
また、言語的に日本語と英語は構成の仕方がまったく異なるため、それも英語教育に取り入れていくことで改善できると考えられます。同じアジア圏だと、中国などが英語と文法の組み立て方が似ているので、中国の方は英語が得意な人も多いです。日本は他国とは違った言葉を話し、それでいて英語というアルファベットそのものに触れる機会も少ないです。言語的な文化の違いによっても英語教育の壁となっているので、まずは二つの言語として日本語と英語を区別し、それぞれを独自の言葉として理解していくことも必要となります。日本は良く英語をカタカナとして日本語にしてしまっているので、カタカナと決別することも重要だと久野修司は考えています。

今後、日本の英語教育はより一層改善が進んでいくと言えます。その一方で、日本はまだまだ未発達な英語教育をおこなっている面も多いので、改善すべき点は多いです。それに気づくことができれば、より英語も身近な言葉として定着していくでしょう。英語教師を辞め、今は自分が英語の教育者として何ができるかを考えている久野修司は、今後も英語関係の仕事をすることでしょう。英語習得というのは、決して難しいことではないですが、努力しなければならない面も大きいです。現状の日本の英語教育は、決してレベルが低くはないのに、会話できない人が多いというのは問題です。これからは、より海外の人との関わりを増加し、出来ることなら生の英語に触れる機会を増やしていくことが重要です。
そうすれば、日本人の英語力は格段に高くなり、成長に繋がっていくのではないでしょうか。そういった取り組みが現在の日本では行われているので、改善している面は次々と改善されています。今後、グローバル社会もより一層加速し、英語が必要となるシーンは多くなっていきます。そんな時、久野修司が鳴らした警鐘が、正しかったと思える日も来るのではないでしょうか。日本はまだまだ成長できる国ですが、そのためには英語が必須です。教育を根本的に改善していくことは難しいと言われているのですが、今後はより根本的な英語改革が必要となることは明確です。彼曰く、英語は勉強するよりも慣れることが重要なので、楽しく生活に馴染ませていくことが日本の英語教育には必要な事なのかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 美容と健康のために水戸 ダンスを始めたいと考える人には、社交ダンスがおすすめです。テレビで観たことが…
  2. 私の娘は学校近くの塾へ通っていますが、あまり成績が伸びない為、他の塾を検討していました。今通っている…
  3. 中山マコト氏は、このようなことを行えば成功するという以前に、このようなことは絶対にやってはいけないと…
ページ上部へ戻る