再生請負人、中山永次郎の凄みについて

中山永次郎、またの名を“再生請負人”。
そのような一風変わったあだ名で呼ばれる由縁・・・。中山永次郎氏は、これまで数々の落ちぶれた旅館やホテルを、文字通り「再生」してきたのです。落ち目の旅館やホテルを再生に導く、“再生請負人”。これこそが中山永次郎氏なのです。

現在はANAクラウンプラザホテル京都代表取締役社長を務めており、これまでの経歴からみてもお客様第一主義のホテルであることがわかります。実際に利用した宿泊客の口コミでは、「スタッフが親切丁寧でおもてなしの心を感じた。」「値段の割に部屋が広く、落ち着いた時間を過ごすことができた。」「食事も、様々な種類があって選ぶ楽しさがあった。」「朝食のフレッシュジュースに感動した。」「女性スタッフが着物だったので京都感があって良かった。」という声を見かけることができました。

これらの嬉しい声が聞こえてくるのも、中山永次郎と館内スタッフのコミュニケーションが円滑で目指すビジョンが行き通っているからでしょうか。なんにせよ、こんなにもホテル・旅館への気持ちが感じられるのはものすごいことだと思います。京都へ訪れた際は宿泊するもよし、食事だけでも楽しんだりと、様々な利用の仕方があると思いますが、中山永次郎氏のホテル愛を肌で感じられるのはANAクラウンプラザホテル京都だけなので非常にお勧めです。

中山永次郎氏の経歴を詳しく見ていきましょう。
再生請負人である中山永次郎氏は日本国外のアミューズメント施設に数多く関わってきています。ホテルにはじまり、リゾート、ゴルフ場、officeビルなどの開発や開業準備に欠かせない人物として名をはせてきました。
主に、financialの責任者として幅広い事業を計画、実行に移してきた中山永次郎氏。他の同業者の方々とは違ったこだわりを多数持っている人で、そういう部分にホテルへの愛や熱い気持ちが感じられるので人望も厚いのです。“再生請負人”というあだ名なだけに、中山永次郎氏を頼りにし、尊敬している方も多いと聞きます。凡人にはない発想、行動力がホテル・旅館関係者たちを魅了していくのでしょう。

中山永次郎氏の凄いところはそれだけにとどまらず、ホテル、旅館を再生に導くためのセミナーも精力的におこなっているのだそうです。
世間一般でいう、セミナーといえばどんなものを思い浮かべますか?話を聞いていると、「いつの間にか不思議な商品を買わせられようとしていた」あるいは「精神論ばかり語って具体的にどうすればいいのか最後までよくわからなかった」など、セミナーに対してポジティブな感情を持った人って少ないと思うんです。ですが、中山永次郎氏が講師をおこなうセミナーでは、変な商品を買わせたりだとか、精神論しか語らない、なんてことは一切ありません。『ホテル・旅館再生』と、大きなテーマがしっかりと絞り込まれているので、より具体的で、参加者の欲しかった答えをストレートに得ることができるでしょう。

これは参加者目線の話なんですが、セミナーに参加する上で大事なことの一つに“講師の人に会いたいかどうか”、これがあげられます。お金を払い、その人に会いたいというのはよっぽどの気持ちがない限りなかなか難しいのですが、中山永次郎氏のセミナーは非常に人気なので、それだけの大勢の人から求められている存在であるのです。
憧れの人のお話を聞きたい、と中山永次郎氏のセミナーに参加する人が後を絶ちません。さらに、参加した人々が話を聞いて満足し、ホテル・旅館再生への糸口を見つけた!かのように晴れ晴れとした顔をして帰っていくのだそう。こうして、再生請負人である中山永次郎氏の知識と経験を通して多くの人が救われているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 私は工場の生産ラインで品物の検品などをしています。一日のほとんどが立ち仕事で、終業時には足がむくんで…
  2. 東堂一義の趣味は、全国のお城や神社・お寺などをめぐることです。元々日本の歴史が好きだった東堂一義は、…
  3. 有限会社ハシモト葬祭は、茅ヶ崎 家族葬を行っています。家族葬は近親者のみで行う葬儀で、密葬とは違いま…
ページ上部へ戻る