中込直樹が調べた山梨県の市民活動や交流

山梨県のボランティアやNPO
中込直樹は、山梨県のボランティアやNPOについて調べてみました。
山梨県では毎年2月をボランティア・NPO活動推進月間として定めています。この時期になると、ボランティアの活動の啓発や普及のための事業が実施されています。過去にすでに数十回実施されており、すっかり山梨県全体に定着しています。

たとえば、甲府駅前で街頭キャンペーンが行われたことがありました。
ほかにも行政と企業、NPOによる協働推進フォーラムというものが行われています。
さまざまな社会問題をひとつひとつ解決していくためには、個人や行政、NPOだけではなく、企業の協力も必要不可欠となります。
企業に積極的な参加を呼びかけて、主体的に社会問題の解決に取り組んでもらうために、フォーラムが開催されることになりました。フォーラムでは、新しい協働関係を築けるようなきっかけづくりを目標としています。

山梨県では、NPO法人についての制度を整えています。
相談窓口や監督指導をしており、たくさんのNPO法人が活動しやすいよう工夫しているのです。中込直樹は今後も山梨県のサポートに注目していきたいと思います。

山梨県の地域活動
山梨県では、地域の活性化運動に取り組んでいます。
この運動の中で、やまなし縁結びサポート事業というものを実施。これは生涯未婚率や晩婚化が進む婚姻の問題を解決するために、はじまった取組みです。
日本は少子高齢化が問題となっており、それは山梨県でも同じことです。
特に地方都市である山梨県にとって、少子高齢化は過疎化を助長させる重大な問題です。中込直樹もこの問題については真剣に取り組むべきだとずっと考えていました。
山梨県では縁結びサポート事業を展開することで、独身者に対しての出会いイベントの広報を支援しています。また、情報交換をしたり、新しいイベントを創出するために積極的に協力をしています。
出会いイベントの広報ついては、メールマガジンの配信も活用。
メルマガを通してさまざまな出会いイベントについて知る機会があるのです。パーティーや旅行、食事会、体験活動といったイベントが自治体である山梨県が中心となってたくさん行われていて、中込直樹もとても興味深いと思いました。
これからの日本にとって大きな問題となる少子高齢化に対して山梨県が真剣に取り組もうとしているのは、頼りがいがあるなと感じます。
中込直樹はこれからもどのような地域活動に山梨県が取り組んでいくのか注目していきたいと思いました。

山梨県の取り組み
山梨県では、ほかにもいろいろな取組みを実施していることを中込直樹は知りました。
たとえば夢甲斐塾というものを開いています。
夢甲斐塾は、これからの山梨県を支えていく人材を育てるための試み。
この活動は中込直樹もとても注目しています。
行政によるひとづくりを志しています。夢甲斐塾は、あくまでも塾生の自主性を尊重しています。
行政が下手に口出しをしたとしても、失敗する可能性が高くなってしまうのです。
塾生のアイデアによって、どのような塾になるのかが決まっていくのです。
それを行政があたたかく見守っていき、応援していくという姿勢を取っています。
このような方法は中込直樹も賛成します。
自分達で創意工夫をしながら、塾を盛り上げていくことが塾生の能力を育てることにつながると思うからです。
塾生の中には山梨県のことを本当に愛していて、チャレンジ精神を持っており、どんどん地域を変えていこうとする強い気概をもった人達が集まっています。
そのような人達がいる限り山梨県は今後もどんどん成長していくことができると思いました。
これからの活動がとても期待されると思います。
中込直樹も夢甲斐塾の活動を応援していきたいと思いました。
どんどん山梨県が良い地域になることを願っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img039473c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg
    初鹿明博が受けた教員からの傷つく言葉すべての人に平等な幸せを与えたいと考え政治活動を続けている初鹿明…
  2. img5405c3df4022a2fd7fc821504ccf86643c6bacf60b7d.jpg
    自律神経の機能不全によって起される症状として、一般的によく知られているのはうつ・不眠症・イライラ・め…
  3. img440715a8742779d7ec743da264b8e3561321a7cfc50d.jpg
    株式会社エスケーホームは、時代のニーズを見据えた、熊本と福岡を中心に様々なお客様目線のサービスを展開…
ページ上部へ戻る