九州本部は法要を重視する

阿含宗は仏教の宗派の一つとして修行に取り組んでいます。多くの信徒が阿含宗を信仰しており、信徒としてその教えを守っています。こちらでは主に3つの行によって修行が構成されています。それらの修行を通して信徒達は仏陀への道を正しく歩んでいるのです。阿含宗は積極的に信徒を増やすための努力をしており、日本の各地域に道場を設置しています。九州地域については九州本部が中心となってそれぞれの道場を管轄しています。

阿含宗の九州本部では護摩法要が重視されています。阿含宗による護摩法要では死者の霊魂に対して安らぎを与えて、それによって生者に対して幸せをもたらそうとしています。これによって世界平和を実現するための大きな力を得ることができるのです。そのため阿含宗においては護摩法要はとても重視されており、地域に貢献するためのも積極的に法要を行っています。九州本部においても積極的にいろいろな護摩法要の機会を用意しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 馬肉を焼いて食べるのは、あまりなじみがないという人も多いでしょう。その為、馬焼きを美味しく食べる時に…
  2. 目黒区には上質で洗練された住空間を持つマンションが多々あります。そのマンションの中でも、近年注目され…
  3. 市ヶ谷駅 和食の花びしでは、オーナーがこだわる、その時期の旬の食材を産地直送し、おもてなしの心が詰ま…
ページ上部へ戻る