美容ライター牧野奏子が考える「老い」について

女性は年齢を重ねることに対してマイナスなイメージを持っている傾向があります。確かに年齢を重ねることで、しわやシミ、たるみなどが目立つようになっていきます。このため、若い女性の方がいいに決まっている、女性は若い時の方が美しい、と思い込んでいる人もいるのです。しかし美容ライターとして活躍している牧野奏子は決してそうだとは思っていません。

牧野奏子は「年齢を重ねた女性の方が美しい」と思っています。慶應義塾大学に在籍していた大学生のころよりも、人生経験を重ねてからの自分のほうが、内面から出てくるものがある、その要素をいかに美しさとして引き立たせていくかが重要であるという持論を持っています。この内面から出てくるものを美しさに昇華していくのがメイクであると考えています。そのため「年齢を重ねていくことは決して怖いものではない」と説明しています。

年齢を重ねていくことがマイナスであると思っている女性は多いです。確かに今の化粧品を見てみると、アンチエイジングという言葉をアピールした商品もいろいろと販売されています。しかし年齢を重ねることがマイナスであるといつまでも背を向けていると、なかなか真の美を手に入れることはできません。むしろ年齢を重ねている自分を受け入れることが大事です。自分を受け入れて、どうやってプラスに変えていけばいいかを考えることが重要だと牧野奏子は説いています。

年齢を重ねていくと、その年齢に応じたきれいに見せるメイクテクニックというのがあります。そのきれいに見せるメイクを試行錯誤しながら見つけていくことが重要であると牧野奏子は話しています。このような話を聞くと、聞いている側も前向きな気持ちになれます。「年齢を重ねることは決して悪いことではない、恐れることはないのだ」と思うとストレスもあまり感じずに済むはず。実際このように話している牧野奏子の様子を見てみると、きらきら輝いているような印象を受けます。これは慶應の学生のころから変わらない彼女の美しさのひとつだといえます。

彼女は慶應義塾大学から大手化粧品会社に就職して、今はフリーランスで美容ライターとして活躍しています。彼女はいつの時代でもきれいで、男性にモテるという噂は慶應義塾大学時代からあったようです。でも慶應に在籍していたころではなく、今の彼女が最も輝いているという印象を持つ人も多いでしょう。きれいなのは若さだけがすべての要素ではないということを改めて感じさせてくれます。老いに恐怖を感じずに年齢に応じた美しさを理解することが、いつまでも魅力的な女性でいるための秘訣です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img6469a42946984a93e811202432b7858a79bed0f8fc74.jpeg
    当たる占いとインターネットで検索をかけても、沢山の情報が出てきて「どれが本当に当たるのか」と疑問に思…
  2. img942564d3de78117615fb935d441c65377ee8b7905d47.jpeg
    この道18年以上の革製品の修理職人が営む「雨ザラシ工房」は、オリジナルの革製品の製造・販売はもちろん…
  3. img5467c40a3453a85b16568f78ccdd53aa5bb1f60586e9.jpg
    阿含宗は仏教の宗派の一つとして修行に取り組んでいます。多くの信徒が阿含宗を信仰しており、信徒としてそ…
ページ上部へ戻る